業 界 屈 指 の信

安全

(株)インフォレスタ

クラウド対応した 新しい文献情報統合管理システム

これまでインフォレスタが医学文献サービスで培ってきた業務経験とノウハウを結集し、

学術情報管理業務における中核機能としてご利用いただくことを想定した

フルパッケージの文献情報統合管理システムです。



はじめてご利用する方でもスムーズに情報へのアクセスが行える

シンプルなUIデザインを搭載し、どなたでも使いやすい操作性を実現しました。


企業様ごとに異なる業務プロセスに柔軟に対応し、ご要望に応じたシステムのカスタマイズが可能です

システム提供から登録コンテンツの収集、更新サポートまで貴社製品のデータベース化をサポートします。


24時間メール受付中!

03-6858-8839

お電話からのお問い合わせも受け付けております。

営業日 月~金曜日

受付   9:00 - 17:00

ワンストップサービス

データ登録~文献のお届けまで

システム上からダイレクトに依頼が可能

業務効率化の向上とコスト削減にも貢献

最高クラスの著作権に配慮した仕組み

電子化文献の拡散を防ぐ強力な管理機能と

閲覧・印刷ログによる利用実績の把握機能を標準実装

文献印刷時には、PCに電子ファイルを残さず権利保護を行います

さらに、インフォレスタの文献サービスとも連携することで、ドキュメントデリバリのコンプライアンス面も万全です

さまざまな学術情報を一元管理

医薬学術文献の他に、FAQや医療従事者向け学術資材・製品情報なども一括管理
■ 学術⽂献データベース 書誌情報/抄録に加え、キーワードを付与できます
■ 製品情報データベース 安全性情報、マニュアルなど多彩なコンテンツを格納可能
■ FAQデータベース      FAQデータに引⽤⽂献情報を付与できます
また、医薬専⽤辞書を標準搭載し、検索を⽀援します。


文献ご担当者はメールまたは電話での依頼会社への発注作業に時間が割かれており、

本来の業務活動に支障をきたしている場合があります。

本システムを活用することで文献入手の工数を減らし、

業務の効率化を実現出来ます。

検索結果からダイレクトにインフォレスタのデリバリサービスへ発注ができます

例えば、外部頒布する文献を発注依頼することで、提供先に安全に文献を届けることが出来ます。


例:医療従事者からの問い合わせ対応のため文献をデータベースで閲覧⇒その後、文献をインフォレスタへ発注することで著作権処理済みの文献を提供先へ送付

ご導入までの流れ

STEP1 詳しい運用プランのヒアリング
 運用方法からご希望のシステム要件、

 データベースのお引越しの有無やご使用されるデータ形式に

 ついてなど、詳しくヒアリングをさせていただきます。

STEP2 運用ご提案とシステム要件の確定


STEP3 ご要望に応じたシステムの開発と運用準備

 ご要望に応じた機能の設定とカスタマイズを施します
 リプレイスの場合は、重複データの統合や

 入力規則の統制化など、移行データの整備

 正式なお見積もりをお出しいたします。

ヒアリングさせていただいた内容に沿って運用のご提案を

させていただくとともに、ご利用のご要望にマッチした

システム要件を確定します。
このタイミングで概算見積もりをお出ししております。

STEP4 トライアル運用
 正式運用前にトライアルでご利用いただきます。

 シミュレーションを行ないながら

 機能面の検証とともに本稼働に向けて準備します。

STEP5 本稼動・正式運用

 全ユーザーへIDとパスワードをメールでお送りし、

 サービスご提供の開始をお知らせします。

 運用後のリプレイスのご相談やご質問対応など、

 アフターフォローの体制もバッチリです。


Introduce

ジップインフォブリッジ株式会社が大手製薬会社や医薬品製造業向けに、個別にカスタマイズ対応で提供してきたノウハウや、学術データベースの構築ノウハウを集約して、専用パッケージとして開発したもの。

ジップインフォブリッジが独自に開発し、中核製品に据えている超高速全文検索エンジン「SAVVY」を搭載。

SAVVYシリーズからSAVVY PharmaLiをベースに

SAVVY

ジップインフォブリッジ株式会社について
パターン認識技術を応用した超高速全文検索エンジンSAVVY を中核に、文書管理や企業内検索向けパッケージ、

システム組込み用全文検索エンジン等を開発販売。

純国産全文検索エンジンの老舗として1986年よりパッケージビジネスを展開しており、

2020年3月末現在、2,213ユーザ、3,316サーバを超えるお客様にご利用いただき高い評価をいただいております。

使いやすさにこだわったUIデザイン

はじめて利用する方でもスムーズに情報の取り出しが

行えるシンプルなUIデザインを搭載。

直感的な操作で⽬的の情報を素早く閲覧が可能です。


検索エリア(フリーワード検索や詳細検索が⾏えます)
情報エリア(お知らせや新着情報を表⽰します)
絞込エリア

学術情報提供部門からのお知らせも表示が行えます。

(選択するだけで⽬的の情報へナビゲートします)

UI design

漏れのない検索エンジン

新語、造語にも対応。

全角半角、アルファベットの大文字小文字の同一視は

もちろん、新旧漢字による表記のゆれにも対応しています。


シソーラス検索に対応

類義語(シソーラス)の検索に対応しているので

一つのワードでいくつかの条件にリーチいたします

例:検索ワード「ガン」

検索結果「キャンサー、ネオプラズム、●●腫瘍」など


検索履歴から検索式の掛け合わせが可能

検索履歴から複数の検索式を掛け合わせて検索することが可能です。

高性能な検索機能

Search

絞り込み


文献のタイプや領域、製品名など

様々な切り口で情報を

絞り込んでいくことで

目的の情報へ的確に導きます。


ファセットカウント機能


ヒット件数を

絞込み候補と共に表示する

ファセットカウント機能も搭載。

検索した結果を更に絞り込むことも

事前に検索対象を絞り込んでから

検索することも可能です。

お気に入り登録


参考になった情報は

「お気に入り」に登録して

おくだけで簡単に再利用可能。

また有用な情報を社内のポータルにURLとして貼り付けることで

社内で共有ができます。

OTHER FEATURES

一括出力・一括印刷


新着文献情報だけではなく

領域別、製品別のランキングなど、有用な情報にホーム画面から簡単にアクセスできます。

文献一覧からCSV形式で

一括出力・一括印刷も可能です。

データアップロード機能


管理者(登録者)は文献情報の

アップロードが可能です。

文献情報だけではなく、文献のPDFファイルも同時に

登録することが可能です。

ログ出力機能


閲覧ログ、印刷ログの

エクスポート機能を搭載し

全ユーザーの利用実績の

把握が可能です。

ログは管理画面より

いつでもダウンロードが可能です。

その他の機能

端末への文献ファイルの保存不可

 端末(PC、iPad)への文献ファイルの保存を抑止し社内保有文献の流出に備えます。

 ローカル環境に文献ファイルを保存出来ないため、拡散や改ざんを防ぎます。


閲覧ログ
 文献書誌事項閲覧ログ、文献ファイルの閲覧ログを出力出来ます。

印刷ログ
 印刷時に必須項目を入力してもらうことで、

 いつ・誰が・どの文献を・どういった目的で何部印刷したか

 ログとして出力されます。

 書誌事項まで閲覧可能だが印刷はNGといったご要望にも応えます。


著作権処理時のご利用

 文献の利用ログには、利用者、日時、書誌事項、利用目的、

 利用部数などが記載されるため、著作権管理団体への著作権

 処理申請などにご利用いただけます。

最高クラスの著作権への配慮

著作権処理を考慮した閲覧ログ、印刷ログ機能を搭載し、全ユーザーの利用実績の把握が可能です。

Copyright

コンプライアンス対応

ユーザグループごとのアクセス制御やボタン制御が可能なためプロモーションコードに対応も万全です。電子文献を印刷する際もログとして記録されるのはもちろん

PCに電子ファイルが残らないため著作権の観点でも安心です。

企業様ごとのご要望に合わせて柔軟かつ素早くシステムを構築

例えば、プロモーションコード対応のため、部署ごとに文献情報へのアクセス権限を制御したり、利用出来る機能を制御したりすることが可能です。

本社

可能 文献PDF閲覧

    発 注







不可  印 刷

ご要望に合わせたアクセス管理機能

可能 文献PDF閲覧

   発 注  ・ 印 刷

MR

management

アクセス制御/ボタンの表示制御

EXAMPLE

図1)閲覧/印刷不可(詳細画面で原文表示、印刷は不可)

図2)原文表示可(原文表示は可能だが、印刷は不可)

図3)社外印刷不可

(原文表示、社内印刷、外部発注が可能)

図4)社外印刷可

(原文表示と社内印刷、社外印刷が可能)

インフォレスタ各種サービスとの

リレーション

医のシンクタンクとしてグローバルな情報力を駆使して、多彩で高度な情報サービスを提供します。


医学・薬学情報の収集・加工からデータベースの開発支援まで、

そのすべてにおいてユーザーの皆様の様々なニーズにお応えします。

SDI検索サービス

ご要望のテーマに沿った文献情報を定期的に検索いたします。常に最新の文献情報がお手元に届くため、製品担当の方など、多くの方にご利用いただいています。

企画・印刷サービス

企画・デザイン・印刷 、その他 様々なご要望に対して、トータルでご提案することができます。

著作権許諾取得サービス

スライド、パンフレット、Web、動画など、掲載する媒体に関わらず手間のかかる図表などの使用許諾取得・海外権利者との交渉を代行いたします。

KOLサービス

文献の著者という切り口から調査を行うことで、そのテーマや領域においてより実績のある・影響力を持つDrを導き出し、スコア化、ランク付けします

キーワード検索サービス

経験豊富な専門のサーチャー

ご要望のテーマに沿った的確な

文献リストをご提供いたします

PDF納品サービス

インフォレスタ独自のプラットフォームinYourBoxにより、PDF文献も安心して外部提供が可能です。ご発注から最短15分で納品可能!

翻訳サービス

医学分野に特化した訳者による翻訳は定評があります。また、英文校閲や海外雑誌への投稿支援なども行っています。

文献複写サービス

文献の入手率は 98%以上!

国内はもとより、世界中の幅広い図書館ネットワークを活用して文献を お取り寄せできます。

・手間のかかるPDF入手を一括してお任せ出来る

・PDFを安全に外部提供出来る


これらのサービスのお申込みからお受取までの全行程を

パソコン・スマホ・タブレットのマルチデバイスで行える

インフォレスタがお送りする、WEBプラットフォームです。

文献複写 納品システム In Your Box との連携

in Your Box とは

デバイスを選ばないから
時間も場所も気にせず文献が受け取れる

600dpi の高画質PDF データ納品だから綺麗で見やすい!

著作権処理などのサポートも万全です!

文献を確保次第 WEBで納品するからとにかく早い!
※最短15分納品!

いつでも どこでも!

安心・安全!

早い!

inYourBox には大きく分けて2種類のサービスが存在します。

※詳しい説明や操作解説はinYourBoxのガイドブックで確認できます。

●「ファイルを探す」為にかかる時間は
 「平均4 分30 秒(最長2時間30 分)」

●平均的なオフィスの人件費に換算すると
 ムダは「年間3億円」です。

※ジップインフォブリッジ株式会社調べ

ご存じですか?

Do you know …?

業務効率化の向上とコスト削減

文献管理業務の手続きと受け取りまでの工数削減

文献ご担当者はメールまたは電話での依頼会社への発注作業に時間が割かれており、

本来の業務活動に支障をきたしている場合があります。

本システムを活用することで文献入手の工数を減らし、業務の効率化を実現出来ます。

20%

削減

文書管理コスト

文書漏えい

0件

※ジップインフォブリッジ株式会社調べ 
※効果を確約する数字ではありません。状況により効果は異なります。

業務効率化

ファイルを探す時間が

75%

削減

生産性の向上

ファイル再利用率が

15%

85%

可用性/セキュリティ

JDCC Tier3以上準拠(※)のデータセンターを採用。

システム監視:【監視体制】24時間365日

       【監視間隔】5分間隔

       【監視対象】ハードウェア監視

             サービス監視

             プロセス監視

             HTTPステータス監視

通信の暗号化:SSL/TLSを用いて通信の暗号化を実施

ウイルスチェック:標準プランに含みます

IP接続制限:標準プランに含みます

(※)日本データセンター協会(JDCC)「データセンター ファシリティ スタンダード」より引用。
Tier3:想定すべきエンドユーザの稼働信頼性は99.98%以上とされています。

災害時に建物は一般レベルより高いレベルの安全性確保が必要です。

ティア1や2にある停電という事象ではなく、メンテナンス時のような一部設備が一時停止する際でも、

コンピューティングサービスを継続して提供できることが求められます。

アクセス管理については、サーバ室だけでなく建物についても管理されています。

MR、文献ご担当者だけでなく、

部署・拠点などのグループ単位でも導入されています。

経営資源や戦略が同じでも、タイムコストの違いによって職場のパフォーマンスに大きな差が生まれます。導入後のアフターフォローも徹底して行っておりますので、インフォレスタのサポートによって、現場でも不安なくご活用頂くことができます。



部署

1

部署

2

部署

3

部署

4

部署単位で導入も可能

ファイルサーバは、会社の情報資産を保管・共有するための重要なシステム基盤です。
ファイルサーバを利用する企業の多くは、以下のようなさまざまな課題を抱えています。


どこに必要なファイルがあるのかわからない
「必要な文書をすぐに見つけたくても、ファイルを開いてみないと内容がわからない
「ファイル名が同じなのに内容が違うものがあり、どれが最新なのかがわからない
重複した内容のファイルがあちこちにあり、ディスクストレージの無駄が多い」
増え続ける文書を保管・管理するのにコストがかかり、会社の収益を圧迫している


このようなファイルサーバの「探せない」「整理できない」といった課題により、

仕事の効率は悪くなり業務生産性も低下します。
さらにファイルサーバの運用をユーザー任せにした結果、

マルウェアに感染したり機密文書が漏えいしたりといった

セキュリティのリスクにつながる場合もあります。


ファイルサーバのあり方を見直す事は、

仕事の効率化と業務生産性の向上のためには欠かせないものとなっています。

ABOUT THE

PROJECT

お問い合わせ・お見積もりはこちら

営業日 月~金曜日

受付   9:00-17:00

03-6858-8839

24時間メール受付中!